地の利、それ以上の大声援。

 パ・リーグ CS 

ファーストステージ

西武-ロッテ(西武ドーム)

10月9日 

1戦目 5-6(ロッテ1勝)

10月10日

2戦目 4-5(ロッテ2勝)

いずれも西武がリードの展開からロッテに追いつかれて勝ち越しを許す展開に。

レギュラーシーズン 最後の最後でCS進出を決めたロッテが、CS 第2ステージ進出を決めた。

次は10月14日から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事を祈ります。

先日、マツダスタジアムにて 巨人の木村 拓也コーチが倒れた。

球団の垣根を越えて無事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

場所は違えど決まってよかった。

 昨年、藤本がFAでツバメに。

もう一人、縦じまから離れて行き先が決まってなかった選手がいた。

今岡 誠選手。

来季よりロッテでの活躍が決まった。

背番号「2」、バレンタイン前監督の番号や。

マリンスタジアムでの活躍、さらには他の球場での活躍を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじまりは雨やったりする。

 2月1日、プロ野球 キャンプイン。

2010年のスタートや、なるべく長い期間楽しませてもらいましょか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも北は情に厚い。

 クライマックス シリーズ 第2ステージ。

10月24日

日ハム-楽天 9-4

第2ステージ4戦目を取った日ハムが2年ぶりとなる日本シリーズ進出を決めた。

進出を決めた日ハムも素晴らしいが、ここまで駒を進めた楽天 野村監督も素晴らしい。

1勝3敗で終わり、再び仙台に戻ることはならなかった。

しかし、球団創設5年目にしてCS進出にまでチームの戦力をあげてきた功績は大きいだけに解任は残念でならない。

今日の試合終了後、楽天の選手のみならず、日ハムの選手たちも交えての胴上げ。

残念でならないのは楽天ファンだけではないはずやわ。

正直、こんなかたちでユニホームを脱いでほしくなかった。

ありがとう、そしてお疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷲の意地。

 頂点を目指した戦いの第1段階が開幕。

まずはパ・リーグから。

杜の都 仙台にて。

10月16日

楽天-ソフトバンク 11-4

岩隈と杉内の先発で始まった1戦目。

1回、楽天は高須の先頭打者ソロで先制すると、セギノールの2ランとあわせて3点を先制。3回にも中島の2ラン等で4点を追加。4回にソフトバンクに4点を返されるが、6回に3点、7回にも1点を勝ち越した楽天が1戦目を取った。

10月17日

楽天-ソフトバンク 4-1

田中とホールトンの先発で始まった2戦目。

序盤は「0」で進み、迎えた4回、2死1・3塁から中村のタイムリーで先制すると、5回には2死1・3塁から山崎の3ランで勝ち越す。8回、ソフトバンクに1点を返されるも、9回は「0」に抑えてゲームセット。

楽天が連勝で第2ステージ進出を決めた。

21日からは札幌で、こりゃもしかしてもしかしそうな気がしてきたなぁ!!

野村監督、もうしばらくユニホームを着てもらいましょ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼しくなりそうな北の大地は熱いです。

 パ・リーグも頂点が決まった。

10月6日

日ハム-西武 5-4 (延長12回)

日ハムが2年ぶり5回目のパ・リーグ優勝を決めた。

同点で迎えた延長12回、1死2、3塁から金子の犠牲フライで勝ち越した。

おめでとう、そしてその先に向かって頑張ってください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9年連続の偉業~積極的な解放~

 タイトルの一部はイチロー選手の記者会見から一部引用しました

 大リーグ、シアトルマリナーズのイチロー選手が9年連続の200本安打を達成した。

9月13日(現地時間)

マリナーズ-レンジャーズ (ダブルヘッダー)

第1試合 2-7 ●

第2試合 5-0 ○

各1安打放って今季200安打と9年連続の200本安打を達成した。

今季出場した128試合目にして100年以上破られなかった記録が更新された。

イチロー選手、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侍魂が勝利の港に!!

 この瞬間をみんなが待っていた。

3月24日

日本-韓国 5-3 ○(延長10回)

岩隈と奉の先発で始まった決勝戦。

試合は3回、小笠原のタイムリーで先制。しかし5回に韓国 秋のソロで同点にされる。

7回と8回に1点ずつを加えて点差を広げるも、韓国に8回に1点差に。9回には同点に追いつかれてしまう。

試合は延長戦に。

10回、日本は内川と岩村が出塁して2死1・3塁の場面でイチローがカウント2-2からの8球目、センター前に2点タイムリーを放ち再び勝ち越す。

その裏、9回からマウンドに立つダルビッシュが韓国の攻撃を抑えてゲームセット。

日本は韓国との5度目の対戦を制した(韓国戦 3勝2敗)

この瞬間、日本の優勝!!WBC2連覇を成し遂げた!!

まさにチーム一丸となって掴みとった「歓び」。

おめでとう侍ジャパン、ありがとう侍ジャパン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここを取って次に進むで!!

 あと一つに迫ったWBC。

3月22日(日本時間 3月23日) ドジャースタジアム

日本-アメリカ 9-4 ○ 

松坂とオズワルトの先発で始まったこの1戦。

試合は1回にアメリカに先頭打者ホームランで先制されてしまう。しかしその裏、日本は城島の犠牲フライで同点に。3回にアメリカに再び1点勝ち越されるも、4回には5点を加えて、2点差に追い上げられた8回には3点を追加。

投げるほうでは、松坂の後を杉内、田中(将大)、馬原、ダルビッシュの継投でアメリカの攻撃を4点に抑えた。

これで日本は決勝に進出!!韓国と5度目の対戦に臨む。

ここまできたら目指すものは一つ。

大舞台での「歓び」だけやね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)